ED治療薬の役割と有効性

ED治療薬の役割と有効性

EDは全ての男性を予備軍とする生活習慣病のひとつです。

その昔は加齢現象のひとつとしてほとんどの方が諦めるしかありませんでしたが、今日ではED治療薬の優れた効果でほとんどのEDは治すことができる病気になりました。

では、ED治療薬とは?

よく、ED治療薬を飲むことでムラムラしたり、自分の意志に関係なく勃起するのではないかと誤解されることがあります。

「ED治療薬=強力な精力剤」というイメージが根強いのが現実です。

しかし、ED治療薬は化学的作用で勃起の機能を正常化させることにあります。

ですのでED治療薬に精力剤としての効果を望んではいけません。

ED治療薬の役目は性的刺激に反応して起こる勃起機能をサポートすることです。

そもそも勃起というのは陰茎の中の海綿体に血液が流れ込んで硬くなるために起きる現象です。

勃起の命令が出されると同時に収めようとするPDE5という酵素も分泌されます。

このPDE5の働きを弱め、血管拡張作用を最大限に引き出すメカニズムを持っているのがED治療薬なのです。

いくらED治療薬を服用しても性的刺激がないと勃起しませんので、性行為をする気もないのに服用するのはもったいないということになります。

copyright(C)熟女ゲット